Log4Jに独自のレベルを追加してつかう

投稿者: | 2012年9月16日

Log4Jに独自のレベルを追加するためにしなければならないこと。

・org.apache.log4j.Levelを継承して独自のレベルを定義する。
この中で、独自のレベルの名称を表すStringと、レベルを識別するintの値を定義
・org.apache.log4j.Loggerを継承して、各レベルの出力メソッドを作る。
Log4J既定のdebug、info、warn、error、fatalにあたるメソッドを作る。

・PatternLayoutに用意されているもの以外の独自形式でログを出力したい場合は
org.apache.log4j.PatternParserとorg.apache.log4j.PatternLayout、org.apache.log4j.spi.LoggingEventも拡張しなければならない。

・独自のレベルをThresholdで制御するにはAppenderの拡張もしなければならない。
素のAppenderは独自のレベルを理解できない。
isAsSevereAsThresholdをオーバーライドする。