技術情報ログ

mysqldumpを実行してgzipで圧縮するシェルスクリプト

#!/bin/sh
PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin:/usr/local/bin

# ファイル名決定
SYSTEM_DATE=`date +"%Y%m%d"`
DUMP_FILE=mysql.$SYSTEM_DATE

# 出力先決定
HOME_DIR=/home/YOURUSERNAME
BACKUP_DIR=$HOME_DIR/backup/db_dump

# スクリプトを実行するディレクトリに移動
cd $BACKUP_DIR

# MySQLからダンプファイルを取得
mysqldump -Q --host=YOURHOSTNAME --user=YOURDBUSERNAME --password=YOURPASSWORD YOURDATABASENAME > $DUMP_FILE

# gzipで圧縮
gzip $DUMP_FILE >/dev/null 2>&1

MySQLのDBダンプを習得してgzipで圧縮するスクリプト。

さくらインターネットのスタンダードプランでcronに設定して使用できることを確認した。

mysql.システム日付.gzというファイルが作成される。

BACKUP_DIRにあたるディレクトリはあらかじめ準備されていること。パーミッションにも注意。

-Qオプションをつけているので、 テーブル名が「`」でQuoteされる。

YOURXXXXXXの部分は環境に合わせて変更する必要がある。


スポンサードリンク