技術情報ログ

courier-imapのrpmbuildで「no longer supported」と言われる問題

#rpmbuild実行courier-imapのRPMパッケージを作成
rpmbuild -bb --define 'xflags "--enable-unicode=iso-2022-jp,iso-8859-1"' rpm/SPECS/courier-imap.spec

このオプションでrpmbuildを実行すると次のエラーが出る。

checking for courierauthconfig... /usr/bin/courierauthconfig
configure: error: This option is no longer supported

ここでno longer supportedと言われているのは–enable-unicodeのことで、このオプションはつづりが変更になっているのだ。

正しく実行するにはunicodeの最後にsをつけて、–enable-unicodes とすると良い。

rpmbuild -bb --define 'xflags "--enable-unicodes=iso-2022-jp,iso-8859-1"' rpm/SPECS/courier-imap.spec

スポンサードリンク