技術情報ログ

テスト手法

ホワイトボックステスト
単体テスト
C0網羅:すべての命令を最低1度実行する。単体テスト最低限レベル。
C1網羅:条件分岐で真偽の両方を最低1度実行する。現実的な選択。
C2網羅:条件分岐での真偽の全組合わせをパターンを実行。理想的だが規模が大きい場合、パターンが多くなりすぎる。

ブラックボックステストは、結合テスト以降のフェーズで行う。

同値分割:有効値集合、無効値集合からそれぞれ値を選んで試験
境界値分析:有効値、境界値、無効値で試験(i <= 8のときの7,8,9など)
原因結果グラフ:


次の記事が読まれています

    None Found

スポンサードリンク