技術情報ログ

GJ1214b

へびつかい座の方向に地球によく似た惑星が発見されたとか。
大きさは地球の約2.7倍。
地球から約40光年離れた恒星の惑星だそうです。
名前はGJ1214b。

構成成分は大半がH2Oの氷で、表面温度は200度前後。
大気圧が非常に大きいそうで、生命はたぶんいないと考えられているようです。
表面温度200度でもH2Oが氷なのは、高い気圧のせいかな。

米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどの欧米研究チームが発見とのこと。
http://www.cfa.harvard.edu/news/2009/pr200924.html
↑これのことかな。
Yahooの記事では大半がH2Oの氷、ってなってたけど、
この記事によると3/4が水とその他の物質の氷でできてるって書いてますね。


スポンサードリンク