The Tragedy of Commons

投稿者: | 2009年12月23日

コモンズの悲劇、共有地の悲劇。

共有資源に対して、自分の財産という認識がないために極限まで使おうという意識が働き、結果として資源の枯渇を招くこと。

インターネットの固定料金制もコモンズの悲劇を招く。どれだけ使っても料金が変わらなければ、できる限り使ってしまおうということになり、一部のユーザーが通信路を占有するようなことになる。

「出社が楽しい経済学」DVDブック 第4巻
NHK「出社が楽しい経済学」制作班
日経BP社
売り上げランキング: 77076