技術情報ログ

勝者の呪い

ファーストプライスオークションってのは一番高い値段をつけた人が落札する仕組みのオークション。

このとき、落札者が「他者に比べて高い値段をつけすぎたのではないか?」という心理状態になること。
そうなると、入札者は出来るだけ低い値段をつけるようになってしまう。
これを勝者の呪いという。

この状態を避けるためにセカンドプライスオークションというのがある。
一番高い値段をつけた人が、2番目に高い額をつけた人の価格で落札できる。

そうすれば自分だけが突出した値段で落札してしまうことがなくなる。
自動入札の仕組みに使われたりする。

ウィリアムヴィックリーというノーベル賞経済学者が考えた。


次の記事が読まれています

    None Found

スポンサードリンク