技術情報ログ

Services_AmazonでPEAR_Error invalid HTTP response code 400

object(PEAR_Error)#6 (8) { ["error_message_prefix"]=> string(0) ""
["mode"]=> int(1) ["level"]=> int(1024) ["code"]=> NULL
["message"]=> string(46) "Amazon returned invalid HTTP response code 400"
(以下省略)

サーバーの時刻があっていないために、AmazonのWebサービスからエラーが返されていた。

このエラーの原因は、なかなか気づきにくい。

VMwareやVirtualPCなどの仮想化を行っている場合、ゲストOSをSleepやSuspendしたタイミングで時刻がズレてしまうことがある。

サーバの時刻をNTPで設定するなどして回避しよう。


1 Comment

  1. 2011年9月7日    

    PEARの「Services_Amazon」を使ってみた!

    Amazonが提供しているProduct Advertising APIを利用するためには、APIを使って構築する方法もありますが、P…

スポンサードリンク